先日、WiMax から新しい WiMax2+ 用端末の URoad-Stick に無料交換を行った訳ですが、ここで少し困った事が発生。それは…開発用に使っている iPod_Touch がインターネット接続出来なくなった事です。

URoad-Stick は Wi-Fi が使えない?

今までは URoad-8000 だったので…
iPod-Touch を Wi-Fi でインターネット接続して何も問題無かったんですが、今回の URoad-Stick はパソコンの USB に直接差して使うモノなので、Wi-Fi 環境が構築出来ないのです。

URoad-Stick は小型軽量で高性能、いちいち電源を供給しなくて良いし、バッテリーも気にせず、Mac に差して気軽にインターネット出来る優れモノだけに、Wi-Fi 環境が構築出来ないのは非常に残念です。

もしかしたら、URoad-Stick を選択したのは、間違いだった?
な〜んて、一瞬思ったりもしたけど…
何とかならないか?考えてみました。

Mac のインターネット共有が有るじゃないかっ!

ですよね〜!
Mac 側をインターネット共有すれば、もしかして使えるんじゃ無いか?
って思って実験してみました。

Mac のインターネット共有のやり方

  1. Mac のシステム環境設定から「共有」を選択…
  2. 「相手のコンピュータが使用するポート」の「Wi-Fi」にチェックマークする
  3. 「Wi-Fi オプション」をクリッックする
  4. ネットワーク名に適当な名前を入れる(私の場合は MacBook-Pro)
  5. セキュリティを「WPA2 パーソナル」にして、パスワードを入力する
  6. その後、「サービス」項目の「インターネット共有」にチェックマークする
  7. iPod_Touch の「設定」で「Wi-Fi」を選択し「ON」にする
  8. そうすると接続可能な Wi-Fi が表示されるので…
  9. 先程4で設定したネットワーク名の Wi-Fi を選択する

これで、iPod_Touch でインターネットが出来る

前述のやり方をするだけで、URoad-Stick + Mac で Wi-Fi 環境が構築され、以降、iPod_Touch でインターネット接続が出来る様になります。
この方法は Mac に限らず、Windows PC でも出来る筈です。

私の場合は、アプリ開発の端末として iPod_Touch を使う時、アプリ中の AD 広告表示確認の為にインターネット接続が不可欠な人なので…
これで、何処に Mac を持ち出してもアプリ開発が出来る様になった訳です。

まとめ

以上、URoad-8000 の Wi-Fi 環境が無くなっても…
URoad-Stick を使った Mac のインターネット共有機能で、Wi-Fi 環境が構築出来たというお話で御座いました。

参考になればと思い記事に致しました。

URoad-Stick 最高で〜す♡