「みんな暗算だっ!」の次に発売された私の作品がこの「STOP細胞パンデミック」です。この時期に「STAP細胞」の話題で盛り上がってた時だったので、ゴロ合わせでこのタイトルを付けてみました。剣心さんに負けない様に例の OpenGL 機能を使った高速アクションゲームです。

所が、思ってたより全然売れませんでした!又もや剣心さんに偉そうな事言えなくなってしまいました。自分ではかなりしっかり作り込んだアクションゲームなんですが、結果的に思えば「在り来たり」なゲームになってしまったのかも?知れません。

 iPhone版 発売中  Android版 発売中

ゲームの特徴

pmic1

  1. 増殖する細胞を破壊する
  2. 10人の棒人間が連携する
  3. アイテムによりパワーアップ
  4. ド派手な画像演出
  5. ステージクリア型ゲーム

という基本的アクションゲームです。

ゲーム画面紹介

pmic2

宣伝画面です。

pmic3

壮絶な戦闘中です。

pmic4

ゲームオーバー画面です。

反省点

  1. 結局、在り来たりなゲーム
  2. ゲームに独創性が無い
  3. 繰り返し作業で飽きる
  4. 世界観シナリオが無い

というのが反省点になります。

まとめ

ん〜、気合い入れて作った割には全然売れなくてガッカリモード突入の作品になってしまいました。剣心さんの単純ゲームが売れたり、気合い入れて作ったゲームが売れなかったり、マジ企画って難しいです。でも、こういう事を繰り返し体験しながら勉強し、いつか安定的に売れ筋企画が立てられる様になる事を夢見て頑張るのみです。