お〜、約1ヶ月ぶりのブログ更新だし。

何とか俺は生きてるし、たま〜に「オロチ」アドベンチャーゲームの開発もやってるけど…

相変わらず「やる気出ない病」で開発は殆ど進行せず。

しかしながら、1ミリずつの進行の中で気が付いた事がある。

それは…

スクリプトシステム自体はほぼ出来上がった(みたい…)

という事だ。

この前までは「オロチ」アドベンチャーゲームのシナリオスクリプトを組んでいる時に機能不足を感じたら、その都度「スクリプトシステム」のプログラム自体に手を加えながら補強していたのだけど、最近はほとんどシステム自体を弄る事が無い。

つまり、自分でやりたいと思うシナリオ表現は今の「スクリプトシステム」でほぼ実現出来るので、もはや現「スクリプトシステム」に機能不足は無い様に感じ、やっと物語のスクリプトを作る事に集中出来る様になって来た様な気もする。

まっ、勿論、未来永劫機能不足が無いという訳ではなく、あくまでも今回の「オロチ」アドベンチャーゲームについては…という事ではあるのだけど。

シナリオスクリプトデータの作り方

今までシナリオのスクリプトデータは物語の頭から順に作って行く手法を取っていたのだけど、それだと集中力が途切れまくりでデータ作成が思う様に進行しない事に気付いた。

そこで最近は、まず…

  1. キャラが登場して会話するシーン
  2. アイテムを取得するシーン
  3. 敵キャラとの戦闘シーン

の様におのおの似た様なシーンをスクリプトデータのコピペでまず構成してしまい、後にディティールを修正して行くという手法に切り替えた。

スクリプトデータ作成に慣れてる人から見れば「当たり前だ!」って言われちゃうのでしょうが、作成に慣れていない私的には今更気が付いたという事ですかね。

まとめ

現状、なんだかんだ言ってスクリプトデータは全体の 30%位は出来て来た気がします。

後 70%、どれだけ集中して作業出来るか?に掛かってます。

では、また〜♡