Screen Shot 2016-07-28 at 12.23.39

ふぅ〜、ADVスクリプトの基本が出来たと思ったけど、実際に箱庭マップで使ってみると次から次へと問題が発生し、その対応で結構大変だったりなんかして。

戦闘シーン

昨日の記事でも書いた様に、この ADVスクリプトシステムの戦闘シーンはスクリプト命令で動かすのではなく、プログラムでリアルに動かすタイプにした。

その為、戦闘シーンの終了にてこのプログラム処理を抜けてスクリプト処理に戻らなければならないが、それは下記の状況で必要となる。

  1. 戦闘中の「逃げる」ボタン押下
  2. 敵を倒した時
  3. プレイヤーがやられてゲームオーバーになった時

このスクリプトに戻す処理自体は難しくないのだけど、状況によって画面に表示されている敵キャラや武士の表示を消さないと具合が悪い事があり、この辺の後始末タイミングが結構難しいのだ。

まとめ

まっ、しかし、今時点でなんとか上記の問題は解決できた模様。

さて、次にやるべき事は… 戦闘中の「ターン制」処理についてだ。

バタバタとリアルタイムに戦う戦闘とは違って「ターン制」とは自分と敵が交互に攻撃するというやり方で、ADVや RPGや SLGなどの場合「ターン」を意識しないで単にリアルタイムに戦ってしまうとクソゲー以前の論外ゲーになり易い。

よって、私の ADVスクリプトシステムでもこの「ターン制」を導入しようと思うので、今からその処理のプログラミングに着手しようと思う。

基本は特に難しいプログラムでは無いので、今日1日で実装出来ると思います。

では、また〜♡