今日の俺はクソゲー企画をうつらうつら考えながら…

ネットラジオで英語のヒアリング練習中。

俺が聴いている英語番組

最近俺は下記のネットラジオやら Podcastを聴いている。

  1. VOA Learning English
  2. NHK World RADIO Japan
  3. BBC News

それぞれに特徴があって今の俺にはどれも外せない。

NHK World RADIO Japan

主に日本国内のニュースを喋っていて、自分的には国内の出来事を予め知った上で聴いているので何となく話している内容は理解出来る。

かなり早口で喋るしアナウンサーによっては発音に凄くナマリがあるので俺的にかなり聴き難いのだけれど、完全ネイティブ発音との差を確認したくて敢えて聴き取り難い発音も聞く様にしている。

要するに、ナマリがある発音で早口で喋ると英語はかなり聴き難く、聴き疲れする事が体感出来る。

VOA Learning English

英会話教育用チャンネルなので…

  1. かなりゆっくり喋ってくれる
  2. 発音がメチャ綺麗で聴き取りやすい
  3. 使う単語ボキャブラリーを制限している

等々、英語ヒアリング入門者には絶対に外せない番組で、俺はこれを基本に練習してる。

ナマリの無い完全ネイティブによる発音は惚れぼれする程美しいし、その発音の正確さは聴くだけで単語のスペルが書けてしまうほどだ。

しかし最近少し慣れてきたのか、この「ゆっくり喋ってくれる」が逆に聴き辛く感じる時がある。

つまり、ゆっくり過ぎて、眠くなって来たりする訳ね。

BBC Radio

これは英語の一般的なラジオ放送なので VOAとは真逆となり…

  1. 日常的ニュースを高速で喋る
  2. 発音もいろんな登場人物が居て多彩
  3. 単語ボキャブラリーの制限は当然無い

等々、最初の頃は何を喋っているのか全然判らなかったが、VOAである程度ヒアリングを鍛えてから BBC等を聞くと意外にも聴き易くなっていたりする。

つまり、英語のヒアリング能力の向上は「発音のリズム」をつかむ事なのかも?と思えて来るのだ。

VOAのゆっくりした喋りを聞いていると頭の中で英単語を日本語の意味に置き換えながら聴いている自分に気づくが、BBC等の速い喋りの場合頭の中で単語を日本語変換している時間は無く感覚的に意味を理解して行かねばならない。

1年間も VOAでヒアリング練習すれば耳はだいぶ英語発音の高音部が聴こえる英語耳になっているだろうから、BBC等を聴いた時に英語の発音は自然と耳に聴こえて来る様になっているという訳だ。

つまり、意味は判らないけど単語はそれなりに聴き取れているという状況になる。

まとめ

う〜む、一時期は単に英語のラジオを聴き続けてもヒアリング能力の向上は望めないのか?と半ば諦めの気持ちになった時もあったけど、最近何気に BBCが聴けてる事で少しは練習の成果が出て来たのかな…と思ったりする時もある。

不思議な感覚だ。

BBCの英語の発音はかなり聞き取れているのに、俺が知っている英単語のボキャブラリーが少な過ぎる為に喋っている内容が殆ど判らない。

が、たま〜に、頭で日本語に変換しないで一連の熟語の意味が頭にスッと入ってきた時、感動する。

英語ヒアリング入門者の俺が言うのもおこがましいけど、俺の実験では…

  1. 初めは英文法なんか知らなくても全然OK
  2. とにかく英語を聴き続けて英語耳にする
  3. 次に必要なのは最低限の「単語」の意味を覚える
  4. 慣れて来たら英文法の基本中の基本だけを少し学ぶ
  5. 次に必要なのは最低限の「熟語」の意味を覚える

英語の発音が聴こえてさえいれば未知の単語を調べれば判るし、今後「発音のリズム」に慣れれば未知の熟語も調べれば判って来るので、このまま練習を継続すれば自分が目指すヒアリングのレベルに少しは近づけるのかも知れません。

継続は力なり…ってか!

じゃ、またね〜♡