3ヶ月ぶりに、ヘタ絵のリハビリとして背景画像を少し描いて見た。

シンプルな象形キャラに勝たない様に、可能な限りシンプルに描いてみる。

雰囲気を統一するのがムズイ

う〜ん、どんなんかな?

シンプルに描いたつもりだけど… 雰囲気の統一性は取れているだろうか?

お絵かきの法則を決める

上の画像はお地蔵さんだよ!そう見えないけど。

こういう絵って完璧を求めるとなかなか一枚の絵を完成させるのに時間が掛かる。

時間を掛けて沢山描き直しても、最終的に一番最初に適当に描いた絵が一番良かったりする。

上手に描こうと思うほど判らなくなって来るので、下記の様な法則を決める事とする。

  1. 上手に描こうと思わない事
  2. わざとヘタに描いてもいけない
  3. 描き直しはしない覚悟で、一回目で完成させるつもりで描く
  4. 絵の構図は、直感で良し
  5. 線は一定の太さを維持する必要はなく、強弱付いちゃって良し
  6. 単色ペイントOKで、ボカシもOK

なんか、以前にも似た様な事を記事にした気もするし。

まとめ

上の画像の様に物事には明と暗「表の顔」と「裏の顔」がある… 人の心と同じだ。

まっ、当分練習は続けるけど、今日の所はこのレベルで暗中模索中。

じゃ、またね〜♡