現在開発している簡易スクリプトシステムで、最初に RPG や ADV でお馴染みのメッセージウィンドウを表示してみます。
(画像はニャンコさん提供)

実装した機能

  1. キャラの登場、退出
  2. メッセージウィンドウの表示
  3. メッセージの表示

キャラの登場、退出

キャラデータはゲーム開始時に全て読み込んで置くのでは無く、キャラ登場命令実行時にその都度読込みます。その為キャラを繰り返し登場させても VRAM を圧迫する事はありません。

メッセージの表示

メッセージデータ中にエスケープ文字による文字表示制御命令を記述する事が出来ます。

  1. 文字表示速度
  2. 文字色指定
  3. 直値数値表示
  4. 変数数値表示
  5. 英語、日本語文字数判断
  6. 名前、単語登録機能
  7. その他実装可能

スクリプト基本命令

  1. 代入、演算
  2. 無条件ジャンプ
  3. 比較、条件ジャンプ
  4. スクリプト切り替え
  5. アイテム取得
  6. アイテムリスト表示
  7. BGM発音
  8. SE発音
  9. 背景切り替え
  10. キャラ登場、退場
  11. メッセージ表示
  12. ユーザー処理の実行
  13. その他実装可能