screen-shot-2016-10-17-at-13-06-09

ふぅ〜、取り敢えずスプライトをちょこっと動かしてみた。

C#だからプログラムはやっぱ構造的?

なるほど〜、スプライト画像を登録して、その各々に C#でプログラム(スクリプト)を組むって事ね。

なんか判った様な、良く判らない様な。

C#でプログラム組み時、そのスプライトが使う「機能コンポーネント」を予め登録しておく必要があるなんて所が判らなくて少し戸惑ったりなんかして。

でもこうやって予め「unity」側で用意してある「機能コンポーネント」を使う事で、Objectというか Sprite等に複雑な 3D系の動きをさせる事が簡単に出来るって訳だ。

ふ〜む、私が将来 3Dバリバリのゲームを作る時が来たら「unity」もいいかも。

でも私は当面 2Dメインなんで、やっぱ Xcodeの C言語で十分みたいな。

まとめ

取り敢えず今回は「unity」でスプライトを表示して動かすまでの基本は出来たので、これで実験はひとまず強制終了とします。

じゃ、またね〜♡