Screen Shot 2015-12-09 at 12.00.50

う〜む。

前回記事にした画面構成だと、単純過ぎてつまらないので、今回、画面写真の様にカベを水平方向に3つ配置した。

手や足が上手く配置されているカベにタッチ出来れば、移動出来る仕組みだ。

しかし、ちゃんと手足の動きを実現しようと思うと、Sin()、Cos() 関数とかの三角関数を多用するので、実は結構面倒くさい。

でも現時点でそれなりに満足行く三角関数計算が実現出来たので、かなり良い動きになってきた。

これが出来ると、次回のクソゲー企画は…
いよいよ、ゴム人間による「ボルタリング」に挑戦する事が出来るかも。

じゃ、またね〜♡