「オロチ」アドベンチャーゲームの背景画像はほぼ作成終了か?とも思ったのだけど、もしかするとゲーム仕様を少し変更するかも?知れないので、2枚程背景画像を作成して追加した。

俺絵の芸風

以前にも同様の記事を書いたかも?だけど、背景の絵を練習しつつ描いていて俺の絵って益々「日本昔話」的な、お化けファンタジーっぽくなって来たなぁ〜って感じで、どうあがいてもギャルゲーの様な精彩で綺麗な絵は描けそうにない。

つまり、可愛い女の子が登場する学園モノのゲームとか、マジで怖そうなお化けのゲームとか、リアルな殺人ゲームとか、絶対俺には表現出来そうもなく、冒頭の画像の様などっちかっていうと「子供の絵本」っぽい表現になってしまう。

原因として考えられるのは…

  1. 輪郭の線が太過ぎ
  2. 書き込みが少な過ぎ
  3. 影を多用しなさ過ぎ
  4. 原色の使用が多過ぎ
  5. あまり考えてなさ過ぎ
  6. はっきし言って手抜き過ぎ!

という事で自分では判っているんですが、俺的にいくら練習してもこれ以上どうしようもない感じ。

絵の練習方法の根本から変えないと違うテイストの絵にならないだろう事も理解してるんだけど、まっ、俺的にはこんな絵でも実は結構気に入ってたりなんかして。

俺絵の利点は…

  1. 誰が見ても「日本昔話」風
  2. 子供絵本の挿絵的とも言える
  3. 子供でも遊べる
  4. お化けでも全然怖くない
  5. リアルな表現が無いので無責任
  6. 真面目に考えないで絵が描ける
  7. 短時間で絵が描ける

って事で、利点と言えば聞こえは良いけど、欠点と言えば「中途半端な絵で売れそうにないゲーム」とも言えなく無い訳で御座います。

ゲーム仕様変更の中身

仕様変更って言っても別に大したことではありません。

今までは最後のボスを倒したらゲームクリアという事でエンディングして終わり。だったんだけど…

でも、それじゃ、なんとなくツマラナイかな?とも思ったりなんかして…

新しい案は、ボスを倒したエンディングのその後、今まで戦って来た複数の敵と「永遠に戦闘を繰り返す」というのは如何でしょ?

私のスクリプトでは、戦闘前の「逃げる」コマンドで「コイン」ミニゲームが遊べたりするし、戦闘中の駆け引きでは「逃げる」コマンドで「ジャンプ」ミニゲームが遊べるので、単純な繰り返し戦闘でも結構楽しめるのではないかと。

そしてその際にはもうマップは必要なく、ただ一直線に進み、登場した敵と戦って自分の「強さ」をアップさせて行くという、ただそれだけの繰り返しとなる。

その一直線に進む為の「道」が必要だったので、冒頭の背景画像を 2枚程作成し追加した。

まとめ

実はその仕様変更に伴い、敵キャラの数を増やす事も考えたけど、これに関してはキリがなくなるので基本的には今の 7体のまま現状維持という事にしました。

ただ今後の気変わりによっては、その繰り返し戦闘中に稀に登場する「レアキャラ」として、何か特別な敵キャラを数体用意する可能性もありますけど。

ゲーム仕様はまだ決定じゃなくて、あくまで現アイデアという事で…

では、また〜♡