これだっ!

企画も考えつつ、お絵かきの練習をしていたら…

いつの間にか平気でお化け?が登場しているし。

登場するお化けは味方なのだ

以前にもブログ記事にしたけど、このゲームに登場する「鈴鹿御前」の娘「正林」は、この世で成仏出来ない「魔物」を倒して地獄に連れて行く事を閻魔大王から命ぜられた「もののけハンター」だ。

つまり… 「正林」は「閻魔大王」から後方支援されている立場にある。

なので、ゲーム中に登場する色々な「お化け」は敵じゃなくて、実は地獄の「閻魔大王」が「正林」を手助けする為に地獄からこの世に送り込んだ味方なのだ。

まっ、味方のふりして「オロチ」に寝返った裏切り者も少しは居るけど。

「正林」はこの世の「人間」や「お化け」から色々なヒントやアイテムを入手しつつ、ラスボスの「オロチ」を倒すのだ。

汎用マップ背景

ADVではプレイヤーがマップ位置を覚え易くする為、上の様に汎用の背景パーツを配置しただけの単純な絵も必要となる。

例えばこの場合、木の数で場所を特定している。

上は道の基本形である「直進」だ。

 

ちなみに上は、直進の変形バージョン。

上は「二差路の分かれ道」だ。

 

左は「行き止まりの分かれ道」で、右は「三差路の分かれ道」だ。

ついでにこれは「行き止まり」っていう具合だ。

まとめ

上は「水たまり」のつもり。

上は「池」かな?

古井戸のつもり。

古井戸 2個バージョン。

う〜む、マジでこういう絵で良いのかどうか?未だ自問自答をしている私ですが、もう少しこのまま絵の練習を続行してみます。

じゃ、またね〜♡